車の売買の際の値引き交渉のコツとは?

>

商談での話し合い

比較材料

中古車を安く、質の良い車を得たいと、誰もが考えます。
中古車市場は不透明なため、時には状態不良であったり、基準がわかりにくく、他社の中古車販売店と比べて適切な価格で購入することも難しいようです。
中古車は、1台1台のエンジンの状態や年式も違うので、同じ考えで値段の比較を進めることは不可能で、他の店と比べ、いくら安く売っていたと言うこともできません。
年式の古さなどや車種のランクなど、交渉の基準は中古車会社に任せるしかありません。
中古車の購入のコツは、非公開の車両を紹介してもらうことです。
中古車市場に出ている車は、売れ残っている車である可能性もあります。
本当に調子の良いお買い得な中古車はすぐ売れるので、公開したり広告していないかもしれません。

交渉の仕方

中古車の交渉で競合させることは難しく、今日決めて買うかどうかで、中古車販売会社と有利な交渉を行うしかありません。
その店に限らないことや、事情で早く車が必要で是非今日中に車を決めたい意志を伝えておき、中古車購入の予算総額の提示を具体的に販売会社に伝えておくことが大切です。
その時には、自分の予算の数万円から十万円ぐらい低い金額を中古車販売会社に伝えておきます。
中古車販売会社の営業マンは、当日に車を決めてくれる契約を望んでいる傾向があり、その客を逃がさず買ってもらうためには多少は、支店長の許可を得るなどしてでも売りたい意志があるからです。
他の店も見て決めると言えば、頑張って値引きでもして今日車を決めてくれるかもと。
その営業マンの見込みで、中古車は当日に決めた方が、結果が良いようです。
営業マンの意向をよみ、購入者にしては値段だけでなく、良い買い物として中古車をゲットしたいのが望みです。


この記事をシェアする