車の売買の際の値引き交渉のコツとは?

>

新車の割引き

中古車はメンテナンスサービス次第

中古車の値引き交渉は期待できるのでしょうか。
一般的には、中古車価格の値引きは、百万円程度の車両本体価格の一割程度の割引きだと言われているそうです。
それ以下の価格の中古車では、数万円の割引きかもしれません。
150万円ぐらいの価格の車であれば、十万円ぐらいの値引きを考えて、中古車販売店と交渉をするのがベストです。
中古車だからといって、車両に対し数十万円の値引き交渉をしても、相手にされなかったり、かえって嫌がられる可能性もあります。
中古車の場合、どこでも車種の同程度の車があるとは限りませんし、気に入って見つけた車を逃すと後悔するかもしれませんので、注意した方がいいです。
中古車の値引きは、車両価格からの値引きと、購入してから想定される実費費用を無料にしてもらって、実質的な割引と考える方法があります。

中古車の値引きポイント

中古車の車両価格からの値引きポイントは様々ですが、絶対必要な経費を無料にしてもらって経費を減少させることで得をする観点も必要です。
中古車の購入総額費用が明らかでない車は選ばない方がいいのは、ネットの中古車検索サイトでも、中古車の車両本体価格しか掲載されていないことが多いからです。
車検代が数万円かかるので、車検までの日数が残っていて手続きさえすればすぐ乗れる状態か、車検切れの車か、車検をして売り出したばかりの車かによって、諸経費額が変わるため、購入総額がかなり違ってきます。
中古車購入にかかる費用は、車両本体価格と、法定費用の税金などと、販売店代行手数料などを含めたものになります。
諸費用として計上されている販売店の利益が店舗によって違い、購入者にはわからないためです。


この記事をシェアする