車の売買の際の値引き交渉のコツとは

車の売買の際の値引き交渉のコツとは?

初めて買うなら練習用

自分の買いたい、新しい車が決まったら、費用も考慮しなければいけません。
オプションなども結構かかるかもしれません。
新車を買う時、担当者では車両本体値引きが一般的かもしれません。
実際は数百万円もする車種でも、十万円前後しか値引きがないこともあります。
受注生産が多く、担当者の方針に厳しく数万円の値引き額の提示しかしないこともあります。
多くは、販売会社がメーカー仕入れ原価が2割引き程度であることが多く、大幅な割引額の提示は難しい。
大幅な値引きはなくても、車種のモデルチェンジのタイミングなどや、メーカー生産後に置いてあった車両の在庫車などの場合は売り捌くので、大幅値引きがあるかもしれません。
オプション値引きは、メーカーオプションや担当者オプションからです。
エアロパーツやカーナビなどで大幅値引きを交渉するのは、担当者オプションは、仕入れ原価が半値から七割程度で比較的安いからです。
商売なので、大幅値引きをしても利益が残ることが前提でなければ、製品の信頼がなくなるとも言えます。
営業マンからの、特別にオプションを無料で付加することでの割引き提示なども、検討してみましょう。
決算期の3月や9月か、月末に購入すれば、値下げが期待し易いです。
諸費用を易くするプランとして、代行費用や車庫証明などを自分で行ったり、納車も自分で新車をとりに行くことです。
中古車も交渉次第で、割引額の幅は大きいです。
親切でサービスの良い会社が望ましいので、車種が決まっていて、何か知り合いのコネがあれば聞いてみるのも安心かもしれません。